VIOとは

MENU

VIOとはデリケートゾーンを指す造語

VIO

VIO(ぶい・あい・おー)とは、日本の脱毛業界が生み出した造語です。


単にVIOと言っても、VIOラインと言っても、どちらも同じ意味です。


VIOが意味しているのは、女性のデリケートゾーンのことなのですが、正確に表現してしまうとだいぶ生々しい言葉になってしまいます。


適切に言いあらわす言葉が無いために作られた造語で、いまでは、誰がいつ頃言い始めた用語なのかも定かではありませんが、脱毛業界では非常に便利な用語として大活躍しています。


ほかに適切に言い換えられる言葉が無いので、医療脱毛クリニックのなかでは、無料カウンセリングの時からふつうに使われることになります。


脱毛に関わる人は、みんなふつうに毎日使っている言葉ですので、医療脱毛クリニックに通い始めたばかりの人でも、どんどん使って問題ないです!というよりも、VIOという言葉を使わないと、たぶん医療脱毛クリニックの看護士さんとかと上手くコミュニケーションが取れないと思います・・


VIOは形状を模した造語です

VIO

VIOというのは、女性のデリケートゾーンの形状に由来しています。


VIOというアルファベットを一文字ずつデリケートゾーンの形状を模してあてはめられたものです。


「VIO」とか「VIOライン」とか合わせて用いられるだけでなく、Vライン、Iライン、Oライン、という風に一つ一つ分解しても用いられます。

Vライン

女性が下着をはいた状態を想像してみると、前から見ると、ざっくりV字に見えますよね。これがVラインの語源で、具体的には陰毛が生えている性器周辺の下腹部前面を指します。

Iライン

女性の性器を真下から見上げると、直線状に見えますよね。これがIラインの語源です。具体的には、性器の陰唇脇に生えているムダ毛のラインを指します。

Oライン

女性の下半身を後方からみると、肛門があるわけですよね。肛門を模すとO字状になりますが、これがOラインの語源です。Oラインは、肛門周辺のムダ毛のラインを指します。


VIOは偉大な発明です

脱毛に関わっていると、VIOという言葉は、ほんとうに偉大な発明(造語)だなと思います。


だって、想像してみてください。性器とか、肛門とか、そのものズバリの言葉を交わすのは、いかに相手が医療脱毛クリニックの看護士さんでもかなり抵抗がありますよね。


これがVIOという言葉で、さらっと何の遠慮も無く伝えることができるのです。


脱毛しようと考えているなら、VIOという言葉にはぜひ慣れてくださいね。最初の無料カウンセリングのときから、ふつうに「VIO(ぶいあいおー)」と言ってしまって全く問題ありません!


医療脱毛が安い『おすすめクリニック』をまとめて比較、紹介しています。格安料金で安心・安全に脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください!最新情報も順次追加しています!