毛抜きの正しい使用方法

MENU

どうしても毛抜きを使わなくてはいけない時は十分注意

毛抜きの正しい使用方法

毛抜きは、一番手軽にできるムダ毛の自己処理方法で、はじめてムダ毛を処理したのは毛抜きだったという人も多いでしょう。


自己処理の基礎知識でもご説明しましたが、毛抜きは肌にかかる負担が大きく、できれば避けたい自己処理方法です。


それでも、このムダ毛1本を処理したいという時には毛抜きを重宝してしまうところも、やはりあります。どうしても使わなくてはいけない場合には、十分注意して毛抜きを使いましょう。


毛抜きの正しい使い方

毛抜きの正しい使い方

毛抜きの正しい使い方は、次のような流れになります。


@毛の生えている方向に沿って抜きましょう。
これはムダ毛の自己処理に共通しますが、毛の向きに沿って処理します。
Aゆっくり抜くのではなく、素早く抜きましょう。
言葉でいうと「ピッ」と抜く感じですね。
B毛を抜く時に、皮膚まで掴まないように気を付けましょう。
なるべく肌の負担を減らすことを考えるようにしましょう。


毛抜きに限りませんが、自己処理の前後にはしっかりケアをする必要がある、というのは自己処理の基礎知識でもご説明した通りです。具体的には、事前に温めて、事後に冷やして保湿するということですね。


毛抜きでの自己処理のメリット

毛抜きでの自己処理のメリット

毛抜きでの自己処理は、ムダ毛1本だけをピンポイント的に処理できます。実は肌に負担をかけてしまう反面、抜くときには肌に触れることが無いので、肌の状態が悪くても、患部を避けてムダ毛処理することができます。


カミソリとか電気シェーバーだと、カットするのはムダ毛の途中からでも、肌に押し当てて使用するものですから、肌にケガや湿疹などのトラブルがある場合は、使うことが難しくなります。毛抜きはそうした場合でも、肌に触らずにムダ毛を処理することができます。



毛抜きでの自己処理のデメリット

毛抜きでの自己処理のデメリット

毛抜きでの自己処理は、すでにご説明したように、肌への負担が大きいものです。ムダ毛の毛根の周囲の皮膚ごと抜き取ることになってしまうため、規模は小さいですが、毛抜きを使うと、肌がケガすることになってしまうわけです。


毛抜きはムダ毛を1本1本処理していくことになりますので、処理効率が低いということも考えなくてはいけません。基本的に広い面積を処理するのには向いていなくて、狭い部位、このムダ毛1本を処理したい、という時に使うものでしょう。



できる限り、I字型のカミソリを使う、電気シェーバーをピッと当てることで対応する、などの代替策を考えてみると良いです。とくに電気シェーバーは、最近はヘッドが小さいものもあり、意外に使えますので、おすすめです。


毛抜きの正しい使用方法まとめ

できるだけ、I字型のカミソリ、電気シェーバーで置き換えられないか考えてみると良いです。
毛抜きを使わなくてはならない時は、毛の向きに沿ってピッと抜きましょう
自己処理前後の基本ケアは忘れずに行いましょう。


医療脱毛が安い『おすすめクリニック』をまとめて比較、紹介しています。格安料金で安心・安全に脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください!最新情報も順次追加しています!