電気シェーバーの活用法

MENU

電気シェーバーは意外に活用できるものです

電気シェーバー

電気シェーバーは、基本的にカミソリを電動式にしたものですので、使い方やメリット・デメリットは良く似ています。


その割には、電気シェーバーをムダ毛の自己処理に使っているという人は多くありません。電気シェーバーは男性のひげ剃り用というイメージが強いのかもしれませんね。


今では、水洗い可能な電気シェーバーもたくさん販売されていて、使い方によってはとても便利です。


電気シェーバーを水で濡れる場所で使うことを、「お風呂剃り」とか「ウェット剃り」とか呼びますが、カミソリと同じように、電気シェーバーでもジェルとかシェービングクリームを使えば、ほぼ同じように使うことができます。


ヘッド部分が小さい電気シェーバーを使えば、毛抜きの代わりにもできます。もちろん、毛抜きよりは処理頻度は多くなりますが、電気シェーバーは手軽に当てて処理することができるので、手間の面でも意外に楽です。


電気シェーバーのメリット

電気シェーバーのメリット

電気シェーバーのメリットは、何と言っても、構造上、刃が直接肌には触れないことです。ムダ毛のみをカットしてくれるので、カミソリよりも肌に優しい自己処理方法です。


基本的にただ当てていくだけで良いので、カミソリよりも効率的に、気軽に自己処理できるのもメリットです。


ムダ毛が部分的に、数本だけ生えている、というような場合でも、スイッチONで、ちょっと当てて自己処理完了とすることもできます。電気シェーバーは、思ったよりも色々応用が効くものです。


電気シェーバーのデメリット

電気シェーバーのデメリット

電気シェーバーのデメリットは、本体価格が、少なくともカミソリよりは明らかに高いということです。


カミソリは数百円でかなりまともなものが買えますが、電気シェーバーだと数千円〜1万円超となってしまいます。


ムダ毛の自己処理用ということを考えると、どうしても耐水性のあるお風呂場用を選ぶことになると思いますので、初期コストはどうしてもある程度はかかってしまいます。


電気シェーバーのまとめ

電気シェーバーはムダ毛の自己処理用としても非常におすすめです。
カミソリよりも肌に優しいというメリットもあります。
その一方で、カミソリよりも明らかに初期コストが高いというデメリットもあります。


医療脱毛が安い『おすすめクリニック』をまとめて比較、紹介しています。格安料金で安心・安全に脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください!最新情報も順次追加しています!