脱毛と除毛の違い

MENU

脱毛と除毛は混同されやすい

脱毛と除毛の違い

脱毛と除毛は正確には違います。それでも、正確に言うと除毛だけど、脱毛と呼ばれていることが色々と多いのです。


例えば、自己処理方法の一つ「脱毛クリーム」は、正式な商品名称には、必ず「除毛クリーム」と記載してあります。


脱毛と除毛を、もっとも簡単に区分すると、ムダ毛を毛根から丸ごと取り除くかどうか、ということになります。


脱毛=ムダ毛を毛根から除去すること
除毛=毛根は残り、皮膚の表面に出た部分だけを除去すること


脱毛の区分に入る施術方法

脱毛

脱毛とは、ムダ毛を毛根から取り除くことです。医療脱毛クリニックで施術されるレーザー脱毛は、もちろんこの脱毛の区分に入ります。


自己処理方法でも、毛抜き、ワックス、テープ、家庭用脱毛器を使った自己処理方法は、脱毛の区分に入ると考えて良いです。「脱毛」の特徴は次のようになります。


@効果は長持ちする。
医療脱毛クリニックで永久脱毛を受けると、永久的な効果も期待できます。
A肌への負担は大きい。
ムダ毛の毛根部を取り除くため、肌への負担は大きくなります。


まとめると、「脱毛」の区分に入るものは、効果も高いけれど、肌への負担も大きいということになります。そのため、できる限り医療脱毛クリニックなど、専門期間で施術を受けるのが望ましく、自己処理方法としてはできるだけ回避した方が良いわけです。


除毛の区分に入る施術方法

除毛

除毛とは、ムダ毛の皮膚の表面に出た部分だけを取り除くことです。


自己処理では、カミソリや電気シェーバーなど、剃る方法は全般的にこの除毛の区分に入ります。脱毛クリームも、毛根部は残りますので除毛の区分に入ります(そもそも正式な商品名は「除毛クリーム」です)。「除毛」の特徴は次のようになります。


@効果は長持ちしない。
毛根部が残っていますので、またすぐムダ毛が生えてきます。
A肌への負担は少ない。
毛根部を取り除くことは無いため、肌への負担は少なくて済みます。


まとめると、「除毛」の区分に入るものは、効果は限定的だけれど、肌への負担も小さくて済むということになります。そのため、自己処理方法としては、この除毛の区分に入るものをメインに行っていく方が、肌への影響という点で望ましいと言えます。


医療脱毛が安い『おすすめクリニック』をまとめて比較、紹介しています。格安料金で安心・安全に脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください!最新情報も順次追加しています!