毛周期とは

MENU

毛周期を理解することはとても重要です

毛周期

毛周期(もうしゅうき)とは、人間の体毛が生え変わっていくサイクルのことです。もちろんムダ毛も体毛の一種で、この毛周期に従って生え変わっています。


毛周期は、大きく分けて、「成長期」「退行期」「休止期」の3つの時期に分かれます。人間のムダ毛を含むすべての体毛は、この3つの時期がぐるぐると巡って生え変わっているのです。


脱毛について考えるとき、まず最初に毛周期について理解することが重要なのですが、それは、脱毛施術は「成長期」の体毛にしか効果がないからです。これが脱毛施術を終えるのに一定の時間がかかる理由です。


理屈の上からは、毛周期が少なくとも一周はしないと、脱毛施術を終えることはできません。もちろん一周で脱毛施術が終えられるというのは理論値、机上の計算と言わざるを得ない状況です。


実際には、毛周期と脱毛施術のタイミングを完璧に合わせることは不可能ですから、毛周期を2〜3周は繰り返して、脱毛状態を完成に近づけていくことになります。


毛周期には3つの期間があります

成長期

体毛が成長して、皮膚の表面に現れる時期です。成長期の体毛は、目で見ることができます。毛細血管から毛乳頭に栄養が送られ、細胞分裂が活発に行われて体毛が成長していきます。


個人差はありますが、人間の体毛は、全身で約500万本程度です。このうち実際に体毛として目で見える「成長期」の体毛は多くてもその3割程度、約150万本ほどです。残りの7割は毛穴の中で成長を待っている状態にあります。

退行期

皮膚の表面に現れていた体毛が抜け落ちていく時期です。毛細血管から毛乳頭に栄養が送られなくなり、細胞分裂も止まって、体毛は抜け落ちていきます。

休止期

体毛が抜け落ちたあと、すぐに次の体毛が生えてくるわけではなく、しばらく体毛が生える動きは休止します。次の成長期のための準備期間となる時期です。


脱毛施術は成長期の体毛にしか効果がない理由

成長期の体毛

脱毛施術は成長期の体毛にしか効果がないということを説明してきたのですが、これには理由があります。


現在主流となっている脱毛方法は、昔からある順に、ニードル脱毛レーザー脱毛光脱毛の3つですが、脱毛を生じさせる理屈は基本的に同じです。


熱によって毛根部の毛乳頭、毛母細胞を壊して、毛が生える機能を消失させるのです。薬剤とかではなく、「熱」の働きなのです。


毛穴の一番奥には毛乳頭があり、毛細血管から栄養を受けて、周囲の毛母細胞の発達を促します。毛母細胞は毛乳頭を取り囲むようなかたちで存在していて、毛乳頭から栄養を受けて細胞分裂し、体毛を成長させいきます。


脱毛施術は、ニードル脱毛の場合は針からの電気熱と高周波が熱源です。レーザー脱毛・光脱毛の場合は照射する光の持つ熱を、まず体毛の黒色のメラニンに伝えます。そして、メラニンに伝わった熱が、毛乳頭・毛母細胞を壊して脱毛効果を生むのです。


レーザー脱毛・光脱毛の場合、熱を伝えるものが必要となってきます。黒色は最も可視光を吸収しやすいために、熱も吸収しやすいものです。このため、熱を伝導するメラニン、つまりムダ毛が無いと脱毛施術はできないということになるのです。


医療脱毛が安い『おすすめクリニック』をまとめて比較、紹介しています。格安料金で安心・安全に脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください!最新情報も順次追加しています!